検事になるには

起訴が出来る唯一の職業「検事」

殺人や強盗、強姦や窃盗など様々な刑事事件が発生した時、全ての犯人が裁判を受け刑に処せられるわけではありません。
なぜならば犯人が裁判にかけられるかどうかは検事と呼ばれる人たちの判断によって変わるからです。
通常、事件が発生し犯人が逮捕された後は検事が捜査資料を元に起訴をするのか不起訴にするのかの判断を下します。
証拠が明白であっても犯人の年齢や性格、犯罪の軽微さなどの要因から起訴を見送ることもありますが、その判断を下すのは検事のみです。
法治国家において重要な役割を果たす検事になるためには、放火大学院を終了し司法試験を受けるのが一般的です。
その後司法修習を終了させ、検事任官試験を受けて採用されれば法律の世界で活躍する事が出来るでしょう。
法律の知識はもちろん、人間としての人格や識見に優れているなどその人の能力や適性もチェックされるため、ただ勉強が出来るだけではなれない狭き門だといっても過言は無いでしょう。

起訴をする権限は検事のみにある

起訴をする権限は検事のみにあるため、実際に刑事事件があったときにはその事件の証拠や状況を鑑みて起訴するか不起訴にするかを決めます。 検事のこのような判断は非常に大切で、この判断一つで関係者の人生が決まると言っても過言ではありません。基本的に、検事というのは警察が集めた証拠や状況証拠によってどのような結論を下すのかを判断します。刑事事件には様々な罪状が存在しますが、刑事事件があったときには各々どの案件に当てはまるのかも考えなくてはいけません。 また、検事は民間人が行った告発状に基づいて起訴かそうでないのかを検討することもできます。仮に、告発状の内容に信憑性があり、それに関して既に証拠が集まっているような場合にはたとえ民間人からの告発であっても相手を裁判で罪に問えることになります。事実、こうした方法でいくつもの会社の人間が横領などで捕まっています。 このように、検事の仕事はそれぞれの状況を精査することから始めるのです。

check

オーダーカーテン 横浜
http://www.c-aube.jp/

Last update:2017/4/14


copyright(c) 2015 「検事のすべて」 all rights reserved.